一般向けパソコンとの違い

法人向けパソコンを導入するなら、まずは一般向けのパソコンと何が違うのか把握しておいたほうがよいでしょう。一般向けのパソコンと同じような感覚で選んでしまうと、失敗してしまうこともあるので注意してくださいね。

一般向けのパソコンとは強度が違う!

ノートパソコンは今や家電製品の一つとされ、自宅以外に持ち出すときでもスタイリッシュに見えるようアルミなどの素材が使われたりします。アルミは軽くて見た目は堅そうですが、落としたりすると衝撃をあまり吸…

保証やサポートが充実している!

法人向けパソコンは、事務処理やプレゼンなどビジネス向けの機能が優れているものや、耐久性の良いパーツが使用されているものが多く、多種多様な業種の企業で導入が進んでいます。中でも、メーカー保証が充実し…

OSの種類にも違いがある!

法人向けはビジネス機能が付いたOSを搭載

パソコンにはOSが必要で、一般向けのパソコンを購入するときはほぼ何らかのOSがインストールされているでしょう。法人向けパソコンでも基本的にはインストールされていますが、希望をすればインストールされていない状態のパソコンを購入して自社でインストールもできます。インストールされているタイプを購入する時にはいくつかのエディションから選べるようになっていますが、法人向けだとビジネス機能が搭載されたエディションになるでしょう。一般向けにはないセキュリティ機能やリモートコントロールの機能が付いていて、社外からのアクセスが多いビジネス用途に最適と言えるでしょう。もちろん一般向けと同じ機能を絞ったOSの選択も可能で多少価格が安くなります。

セキュリティの問題が少ないOS

パソコンを利用する時にはセキュリティの問題を考える必要があり、特にビジネスで利用するときは情報の流出の他外部からの不正アクセスなどに気をつけなければいけません。セキュリティの鍵を握ると言ってもいいのがOSですが、広く使われているOSだとどうしてもその脆弱性が狙われやすく問題も起きやすくなります。法人向けパソコンの中にはセキュリティの問題が少ないとされるOSが搭載されているものが選択できるので、検討してみると良いでしょう。インストールをして利用するソフトはOSとの関連性が強いので、マイナーなOSだと利用できるソフトが限られる可能性があり注意が必要です。ウェブアプリケーションでの業務がメインであれば、マイナーなOSでも問題なく使えるでしょう。

BTOで希望のパソコンを組んでみよう!

BTOパソコンは御仕着せの状態からメモリを増設したり、HDDの換装をして希望のパソコンを作ることができます。

法人向けパソコンを選ぶ時のポイント

動画を見たりゲームをしたり、趣味で使うようなパソコンとは違い、法人向けパソコンはあくまで仕事で使うためのものです。そのため、購入する時に見ておきたいポイントが、一般向けのパソコンとは変わります。では、法人向けパソコンを買う時にどういうポイントに注目すればよいのでしょうか。

省エネ性能によってコストが変わる!

セキュリティがしっかりしているパソコンを選ぼう!

スペックはどのくらい必要?