スペックはどのくらい必要?

クリエイティブな仕事用

会社の仕事においてはパソコンは必須アイテムになっていて、単に数字を入力するような単純な作業から、プログラムの開発やデザインなどにおいても使われています。パソコンにはそれぞれ性能があり、見た目は同じようでも性能が異なると業務効率が大きく変わってきます。プログラム開発やデザインなどクリエイティブな仕事用の法人向けパソコンであれば、スペックはできるだけ高い方がいいかも知れません。パソコンの処理速度はCPUとメモリによって変わり、デザイン系の仕事ならグラフィックボードなどの性能も必要になってきます。パソコンメーカーに依頼をすると希望通りのスペックで作ってもらえるので、必要なスペックを指定するとより仕事に合ったパソコンで仕事ができます。

事務的な仕事に適したスペック

パソコンメーカーでは一般向けパソコンの他法人向けパソコンも作っていて、家電量販店などではなくネットなどから直接購入するケースが多いようです。多くの企業においてはパソコンの用途はデータ入力などになり、今の最新のスペックが必要なケースはあまりありません。高スペックパソコンは処理速度が速い分価格も高くなるので、不必要に高いスペックのパソコンを社員に貸与すると会社の経営に影響しかねません。事務的な仕事に適したスペックとしては、CPUは数世代前のものでも十分でメモリも4メガ程度でも十分と言えるでしょう。データが大量に保存できるとデータの社外流出の危険もあるので、ハードディスクの容量もそれほど必要なくても構いません。