一般向けのパソコンとは強度が違う!

見た目よりも強度を優先した素材の利用

ノートパソコンは今や家電製品の一つとされ、自宅以外に持ち出すときでもスタイリッシュに見えるようアルミなどの素材が使われたりします。アルミは軽くて見た目は堅そうですが、落としたりすると衝撃をあまり吸収しないので故障しやすいなどの問題があります。では法人用パソコンではどんな素材が使われているかですが、持ち運びを想定してそれなりに軽くないといけませんが、あまり見た目は重視されずいかに故障しにくいかに重点が置かれています。躯体部分に用いられているのが強化プラスチックなど、色はシンプルなブラックやダークグレーなどなのでスタイリッシュさはありません。でもデスクから落としたぐらいではすぐに故障しない堅牢性を備えています。

開閉を繰り返しても使える

ノートパソコンは折りたためるようになっていて、一方にキーボードやCPUが収められていてもう一方にディスプレイが収められています。使うときにはディスプレイ部分を開き、自分の好みの角度でキープできるようになっています。一般向けのパソコンは通常の強度なので、一日に何度も開閉を繰り返していると開閉部分が緩むなどして時にはディスプレイの故障につながるときもあります。法人向けパソコンは1日に何度も開閉するのを想定した作りになっているので、毎日開閉を繰り返したとしてもディスプレイに異常が発生するなどはあまりないでしょう。一般向けのパソコンに比べると閉じるときの衝撃にも強くなっているので、ある程度強めに閉めても故障しにくくなっています。